SPF50 PA++++ とは

SPF50 pa++++ってよく見かけるけど、どういう意味?

日焼け止めクリームや紫外線対策化粧品を見ると、SPF50とか、PA+++とかいう表示がありますよね。これってそもそもどんな意味があるんでしょうか?どのような効果の違いがあるのか、今一つよくわかりません。数値の大きいものを使えば、対策は万全といえるのかどうか…日常生活では?、ビーチでは?と悩んでしまいます。どれを選んだら良いのでしょう

■紫外線A波カット効果はPA、紫外線B波のカット効果はSPFで表す

 

紫外線の種類には、A波、B波があります。A波(UV−A)をカットする効果を表すのが(UV−B)をカットする効果を表すのがPAです。日焼け止めクリームや、紫外線対策化粧品を選ぶときは、どちらの指標も確認する必要があります。

 

UV−A、UV−B

 

■UV−Aは老化につながる紫外線!?PA+++が効果が最も高い

 

UV−A波は波長が長く、お肌の奥の真皮に達してダメージを与えるもの。老化につながってしまうのでPAの+の数はとても重要です。パッと見て、SPFの値の高いものを…と思いがちですが、PAの+についても必ず確認しましょう。+一つの場合は、やや効果がある、程度。PA+++は高い効果が期待できるという指標です。

 

ちなみに、このUV−A波は波長が長く、ガラスも通過してしまいます!室内にいても、車の中にいても油断は禁物です。老化が怖いならば、いつでも対策しておかなければなりません。

 

■UV−Bはヒリヒリ、日焼けを起こす紫外線。SPF値は赤くなるまでの時間を表す

 

UV−Bは、お肌が赤くなってひりひりする、サンバーン(日焼け)を引き起こす紫外線です。メラニン細胞に働きメラニンを作る作用があります。見た目にすぐ日焼けとわかるのはUV−B波によるものです。シミの原因として数えられるのがUV−B波。
最終的には皮膚がんの原因ともなりえるので本当に注意が必要なのです。

 

晴れた日の日差しの中に含まれるので、お日様が出ている日は特に気を付けたいところ。

 

SPFの後に続く数値は、何も対策していない状態でヒリヒリになるまでの時間を伸ばせる割合を示しているものです。つまり、SPF50なら、その時間を50倍に長く伸ばせますよということ。

 

数値が高いものほど、塗ってからヒリヒリが起こるまでの時間が長いと判断します。

 

目安として20分〜25分でSPF1です。SPF10なら、200分〜250分日焼けまでの時間がかかります、ということ。SPF30なら、600分〜750分。SPF50なら、1,000分から1, 250分。です。SPF50では16時間以上遅らせることができるということ。正直言って、そんなに長い時間日が当たってるとは考えにくいです。

 

クリームや化粧品をお肌へ塗る量と関係があり、少ない場合はその効果が低くなってしまいます。

 

■日常生活ではこまめに塗りなおす。ビーチでは…

 

つまりSPFが50だから強そうだから塗って安心、ということでもありません。UVケアクリームなどは、適量をこまめに塗りなおすことが大切。日常生活では、どちらかというとPAの+の数の多いもの、という判断基準の方が良いですね。

 

塗りなおす時間が取れるならばSPF値が低いものでもOKです。逆にビーチでなかなか塗りなおせないということならば、SPF値の高いものを塗ると、塗り直しまでの時間が引き延ばせる、と判断すると良いでしょう。SPF30のものなら、時間としては十分です。とはいえ、クリームが汗や海水で流れてしまっては意味がありません。流れたら結局塗り直しが必要となります。

まとめ
  • 老化に関係するUV-Aが気になるなら、PA+++を選ぶ
  • 日常生活ではSPF10、20のものでこまめに塗りなおせばよい。
  • SPF50 は日焼け止め効果が高い、ということではない。
  • 海や山ならSPF30程度を、汗で流れる度塗りなおす方が効果的

 

紫外線対策に悩んでいるならば

飲むUVケアサプリメントをチェック

関連ページ

子どもの紫外線対策はどうすればいいの?学校で日焼け止めクリームを禁止されたとき
紫外線を浴び過ぎると将来不安、と思い、せめてプールの授業のときには日焼け止めクリームを…と思っても、学校で許可されません。日焼け止めクリーム以外で紫外線対策をするにはどうしたらいいのでしょうか?という疑問への回答です。
日焼け止めの紫外線吸収材不使用という表示の意味は?
日焼け止めを選んでいたら「紫外線吸収剤不使用」とか「ノンケミカル」という言葉が書いてありました。他に紫外線散乱剤というものも。どんな意味があるのでしょう?
日焼け止めを塗り直しする理由は?その方法は?塗り直し不要なら楽なのに…
日焼け止めクリームやスプレーは、時間が経ったら塗り直しをするように書いてあります。なぜ塗り直しをしなくてはならないの?その方法はどうすればいいの?いっそ塗り直し不要なら楽なのに…。という疑問に対する回答です。
UVカットパーカーやカーディガンって効果あるの?涼しいデザインでも暑いし…
UVカットパーカーやカーディガンを着て紫外線対策。実際効果あるのでしょうか?涼しい工夫をしたデザインでも、長袖はやっぱり暑い気がするし、正直言ってオシャレじゃない…出来れば半袖やキャミでおしゃれを楽しみたい、という疑問にお答えします。
目の日焼けケアをするにはどうしたらいいの?
目も紫外線を浴びると日焼けするって聞きました。それはいったいどんな症状ですか?目の日焼けの対処方法は?サングラスを掛けること?まさか日焼け止めクリームをを塗るわけにもいかないし…という疑問にお答えします。
紫外線対策が必要なのはなぜ?日焼けすると光老化が進むってどういうこと?
夏が近づくと、紫外線対策グッズが出回ります。ただ、日焼けして黒くなるだけだし気にならないんですが…紫外線を浴びてはいけない理由って?光老化が進むって聞いたんだけどそれはいったい…そんな疑問はここで解決
紫外線対策は何月ごろから始めればいいの?夏だけじゃ不十分ってホント?
紫外線対策は何月くらいから始めたらいいのでしょう?夏だけ日焼け止めを塗っても不十分だと聞いたのですが…紫外線対策をした人としない人では10年後20年後のお肌の状態に違いが出るらしいので心配です。という方への回答です。
スポーツをするときの日焼け対策は?
スポーツをしているときの日焼けが悩みです。テニス、野球、ジョギング…外でのスポーツでの日焼けはどうやって対策したらいいの? そんなあなたの疑問にお答えします。
日焼けをしてしまったらどう治す?赤くて痛い日焼け後のケアの方法
日焼け止めを塗っていたつもりなのに日焼けをしてしまいました。赤くて痛い日焼けを早く治すにはどうしたらいいのでしょうか?日焼け後のケアの方法についての質問にお答えします。
日焼けで皮がむけました。正しいケア方法は?
強い紫外線に当たって赤く焼け、しばらくしたら皮がむけてきてしまいました。これって、自分でむいていいの?正しいケア方法は?この後、日焼け止めはどうするべきですか?という質問への回答です。
公園でのママの日焼け対策はどうする?赤ちゃんに影響のない方法を知りたい
赤ちゃんを連れて公園に遊びに行くとき、日焼け止めにお悩みのママへ。赤ちゃんに影響のない日焼け対策とは?
髪の分け目の日焼けはどうやって防げばいいの?
髪の分け目の頭皮が赤く日焼けしてしまって、ヒリヒリかゆいんです。頭皮焼けを防ぐ方法はありますか?そんな疑問にお答えします。