紫外線対策 何月

紫外線対策は何月ごろから?夏だけじゃだめ?

紫外線対策は何月くらいから始めたらいいのでしょう?夏だけ日焼け止めを塗っても不十分だと聞いたのですが…。紫外線対策をした人としない人では10年後20年後のお肌の状態に違いが出るらしいので心配です。

■紫外線量が増えるのは5月ごろ いわゆる日焼け対策は初夏から

UVの量

これは月ごとの紫外線の量の平均をグラフにしたものです。(左がUV-A、右がUV-Aの数値)

 

焼けてお肌が赤くなった、メラニンが増えて黒くなったといった目に見える”日焼け”を引き起こすUV-Bの量に注目。グッと増え始めるのは5月ごろ、9月を過ぎると徐々に減っていきます。

 

紫外線の量は数値を見ても多くないように見えますが、UV−Bは波長が短くて、エネルギーが強いのが特徴。なにもケアしないでいると肌を焼いてしまうのです。日焼けサロンでのマシンはこのUV-Bの波長の紫外線を当てるんですよ。

 

このことから、いわゆる”日焼け”に関する対策は、5月から9月の間はしっかりと行う必要があります。外出するときには日焼け止めを使う、UVカットの帽子をかぶる、UVカットカーディガンやパーカーを羽織る、など、気を付けている方も多いですね。

 

シミの原因にもなるので、UV-Bの対策は怠らず行いたいものです。

 

■1年中降り注ぐUV-Aは光老化をじわじわ進める…

 

もう一つ、注目したいのはUV-Aの量。実はUV-AはUV-Bよりも多い量が1年にわたって降り注いでいるのがお分かりいただけますね。このUV-Aは波長が長くて、お肌の真皮細胞まで到達して、コラーゲンを痛めてしまうことがわかっています。

 

そして、家の中にいても窓を通ってきてしまいますし、長袖カーディガンを羽織っていても、長いパンツを履いていても布を通ってきてしまうのがやっかい。くもりの日でももちろん降り注いでいます。

 

これがじわじわとコラーゲンを壊して、たるみやシワへとつながってしまうのです。

 

■1年中日焼け止めを塗り続ける??

 

光老化を遅らせるためにも、理想としては1年中、紫外線対策をしたいところ。家の中にいても、パウダーファンデーションでお化粧をしておくとか、長そでを着るとか…なかなか難しいですよね。

 

こういう時に役立つものとして、最近話題になっているものが飲む日焼け止めと呼ばれるUVケアサプリメントです。体の内側から紫外線対策をできること、飲むだけで簡単なこと、日焼け止めクリームの不快感がないこと、などがメリット。

 

年間を通して、UVケアサプリメントを飲み紫外線に負けないお肌作りをしながら、UV-B量が増えてくる初夏〜真夏〜初秋にかけてのレジャーなどでは、日焼け止めを併用するのがおすすめです。

 

紫外線対策に悩んでいるならば

飲むUVケアサプリメントをチェック

関連ページ

SPF50 PA++++ってよく見かけるけど、どういう意味?効果に違いはあるの?
日焼け止めクリームや紫外線対策化粧品を見ると、SPF50とか、PA+++とかいう表示があるけれど、これってそもそもどんな意味があるんでしょうか?効果に違いがあるの?日常的にはどれを使うべき?といった疑問にお答えします。
子どもの紫外線対策はどうすればいいの?学校で日焼け止めクリームを禁止されたとき
紫外線を浴び過ぎると将来不安、と思い、せめてプールの授業のときには日焼け止めクリームを…と思っても、学校で許可されません。日焼け止めクリーム以外で紫外線対策をするにはどうしたらいいのでしょうか?という疑問への回答です。
日焼け止めの紫外線吸収材不使用という表示の意味は?
日焼け止めを選んでいたら「紫外線吸収剤不使用」とか「ノンケミカル」という言葉が書いてありました。他に紫外線散乱剤というものも。どんな意味があるのでしょう?
日焼け止めを塗り直しする理由は?その方法は?塗り直し不要なら楽なのに…
日焼け止めクリームやスプレーは、時間が経ったら塗り直しをするように書いてあります。なぜ塗り直しをしなくてはならないの?その方法はどうすればいいの?いっそ塗り直し不要なら楽なのに…。という疑問に対する回答です。
UVカットパーカーやカーディガンって効果あるの?涼しいデザインでも暑いし…
UVカットパーカーやカーディガンを着て紫外線対策。実際効果あるのでしょうか?涼しい工夫をしたデザインでも、長袖はやっぱり暑い気がするし、正直言ってオシャレじゃない…出来れば半袖やキャミでおしゃれを楽しみたい、という疑問にお答えします。
目の日焼けケアをするにはどうしたらいいの?
目も紫外線を浴びると日焼けするって聞きました。それはいったいどんな症状ですか?目の日焼けの対処方法は?サングラスを掛けること?まさか日焼け止めクリームをを塗るわけにもいかないし…という疑問にお答えします。
紫外線対策が必要なのはなぜ?日焼けすると光老化が進むってどういうこと?
夏が近づくと、紫外線対策グッズが出回ります。ただ、日焼けして黒くなるだけだし気にならないんですが…紫外線を浴びてはいけない理由って?光老化が進むって聞いたんだけどそれはいったい…そんな疑問はここで解決
スポーツをするときの日焼け対策は?
スポーツをしているときの日焼けが悩みです。テニス、野球、ジョギング…外でのスポーツでの日焼けはどうやって対策したらいいの? そんなあなたの疑問にお答えします。
日焼けをしてしまったらどう治す?赤くて痛い日焼け後のケアの方法
日焼け止めを塗っていたつもりなのに日焼けをしてしまいました。赤くて痛い日焼けを早く治すにはどうしたらいいのでしょうか?日焼け後のケアの方法についての質問にお答えします。
日焼けで皮がむけました。正しいケア方法は?
強い紫外線に当たって赤く焼け、しばらくしたら皮がむけてきてしまいました。これって、自分でむいていいの?正しいケア方法は?この後、日焼け止めはどうするべきですか?という質問への回答です。
公園でのママの日焼け対策はどうする?赤ちゃんに影響のない方法を知りたい
赤ちゃんを連れて公園に遊びに行くとき、日焼け止めにお悩みのママへ。赤ちゃんに影響のない日焼け対策とは?
髪の分け目の日焼けはどうやって防げばいいの?
髪の分け目の頭皮が赤く日焼けしてしまって、ヒリヒリかゆいんです。頭皮焼けを防ぐ方法はありますか?そんな疑問にお答えします。